読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナポリを見ずに死ねない

か~~え~~る~~の~~~~ だい がっ しょ~!

電車で1時間の非日常

いくら音楽が日常に溢れかえっているといっても生で演奏を聴き生で歌声を聴く機会というのは疑う余地なく非日常なわけです。

そんなわけで行ってきましたPOPS Parade Festival 2016.
音楽WEBメディア"ポプシクリップ。"の記念イベントらしいです(今調べた)。


普段聴く音楽のジャンルと言ったら何でしょうか。ロック(この定義も随分と大雑把ですが)とかエレクトロニカとか、はたまたアイリッシュフォーク?とか?
まあなんともバラついてますが(特定ジャンルを好んで聴くわけでなかった)今まであんまり所謂渋谷系とかシティポップとかギターポップと呼ばれるような音楽とは縁がなかったような感じ。
今回はそちらのジャンルに造詣が深い(?)友人にフェスの存在を教えてもらって参戦。まあそんな好き嫌いが激しく分かれるようなジャンルでもないと思うし耳当たり良さそうだしなーみたいな軽い気持ちでした。


実際ヤバかった!(語彙)
今回生で聞いてきた"ポップス"はポップで、クールで、ソウルフルで、ひたすらポップでした。

いやまあポップスという音楽の魅力を堪能してきましたが氷山の一角なのでしょう。もっともっと深く沈み込みたいです。沼だ。このライブ終わったあとの多幸感(覚えた単語使いたがるマン)、充実感はクセになりますね…。沼だよ、ライブは沼だ…。


ポップスってジャンルの持つ魅力もそうですが、今回フェスに行って思い知ったのがもう一つ。行く気さえあれば5000円持って電車に1時間揺られればそこは非日常ということ。
すごいねこれは。ほんとすごい。しかもマジでライブなんてそこら中でやってるんだろうって考えると意味がわからないですね。しかも今回は自分が今まで関わらなかったジャンルでこの充実感。うーーん、自分のやる気さえあればこの気持ちがまた味わえると思うとすごい。てかライブに限らないですよねこういうことって。例えば何かの個展とかトークショーとか。イベントに限らず旅行とかでも良いですよね。自分の世界を広げられることって実はめちゃくちゃありふれてるのかもしれない。これに気付けた今回はマジで貴重な体験だったと思います。

死ぬほど恥ずかしい文章書いてると思うけど仕方ない。疲れてます。バイト終わってから行くもんではない。最高だったけど。最高だったけどね!明日も4時半起きです。シヌ。


うおおー次はROTH BART BARONとかAkeboshiとかpillowsとか行きたい聴きたい!あと頂とか行ってみたーい!!
それではお休みなさい。

あ、今回のライブハウス。こういう画像ってあげて良いのかな?調べてみてやばそうなら消します。f:id:migi0331:20160430235917j:image