読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナポリを見ずに死ねない

か~~え~~る~~の~~~~ だい がっ しょ~!

FFTプレイ日記:3日目

結構間が空いてしまいました。そんなわけで続きです。

f:id:migi0331:20160426213750p:image
砂ネズミの穴ぐらにたどり着いたラムザ一行。情報通り骸旅団がいました。どうやら彼らはギュスタヴ側のようです。まあギュスタヴ追ってきたんだから当然か。

戦闘中のスクショは撮るのを忘れてしまいましたが、相手はナイト:3 弓使い:1 モンク:1という構成。初期位置で相手は朽ちた建物の中にいるので、出口2箇所を味方ユニットで塞いで建物の外から黒魔法唱えていたら楽勝でした。
クリスタル継承とかあるため時間を稼いでJPもウマー。もちろんアルガスは参加ユニット全員で力を合わせて真っ先に退場。やったぜ。

ようやくギュスタヴとの決戦…と思いきや、
f:id:migi0331:20160426214723p:image
f:id:migi0331:20160426215026p:image
内輪揉めのご様子。前回も書きましたが貴族制打破が目標のウィーグラフと、そんなことより目先の生活だというギュスタヴ。どちらの言い分も分からないこともないです。

f:id:migi0331:20160426215332p:image
f:id:migi0331:20160426215347p:image
アリーヴェデルチ(さよならだ)
結局分かり合えずに剣を交えることに。悲しいなあ。

f:id:migi0331:20160426215905p:image
2人の果し合いが終わったところにようやくラムザたちが辿り着く。見逃してくれたら侯爵の身の安全を保障するとウィーグラフ。侯爵はまだ生きてるとのこと!侯爵、大丈夫ですか!!

f:id:migi0331:20160426220212p:image
セフィロスだこれーー!!

いやいや人違い人違い。これはFFTですよFFTクラウド出てくるけど。そんなわけで侯爵も無事に救出。

f:id:migi0331:20160426221828p:image
f:id:migi0331:20160426221845p:image
侯爵救出という大手柄、意気揚々と自宅に帰ってきたら普通に怒られた件。ひどいよ兄さん。まあ城の警護に当たれって言われてたのに出てっちゃったからね。ちかたないね。しかも騎士見習いの身でしたねそういえば。

f:id:migi0331:20160426222646p:image
説教が続く中、ラムザをかばってくれる救世主が…!
……すごく……マッシュルームです……
つぶやきシローかな?しかしこんな頼りなさげな見た目とは裏腹にベオルブ家長男の上司であり、次男が頭を張ってる騎士団のオーナーでもある、その名もラーグ公です。

f:id:migi0331:20160426223801p:image
結局兄さんが折れて次の作戦は正式参加できるように。話は一件落着、と思いきや……
f:id:migi0331:20160426224152p:image
f:id:migi0331:20160426224214p:image
あやしー!ラムザ達が部屋を出てからこの会話、どうやらエルムドア侯爵誘拐事件はラーグ公とダイスダーグの差し金っぽい…?事情がこんがらがってきました。

実際はこの次まで進めてますが眠気がマックスなので今日はここまで。
最近はストーリーそっちのけでユニット育成が楽しい…!

f:id:migi0331:20160426222701p:image
今のパーティーです。
ラムザは忍者になるための風水師、弓使いのLv要件はクリア。あとはシーフのLvだけです。弓使い2人は風水師だけ要件満たしてます。
話術士ちゃんはとりあえずパーティーのBrave,Faithの調整のため。2章入ってないとBraveをラムザで調整できないので。役目を終えたら算術士でも目指そうかな。それか陰陽師でサブ白魔とかにして回復&補助要員にするか…迷い中です(不変不動が強いってのと単純に見た目が好み)。
時魔道士くんはゆくゆくは算術士になってもらおうかと。まだ算術士使ったことないので楽しみだー。

男性は物攻,女性はM魔攻が上がりやすいとか全く知らなくて思いっきり逆な構成してます。wikiで初めて知ったときは驚愕だった…。
今回はなるべく凡用ユニットで進めていこうかなと。でも初プレイだった前回はベイオウーフとかのサブイベント勢を労働8号しか仲間にしてなかったんで色々使ってみたい欲もあります。獅子戦争FF12の主人公バルフレアFFTA2からもルッソが来るのでそれも楽しみ。うーーん悩ましい…!


そんなこんなで1章もそろそろ終わり。物語も本筋に突入していきます。ではでは〜。